スナイロクラゲ

学名:Rhopilema asamushi UCHIDA
分類:根口クラゲ目ビゼンクラゲ科ビゼンクラゲ属
分布:青森〜九州の日本海沿岸

 傘径最大20cm以上。写真のスナイロクラゲは傘径約3cm。砂色をしているからスナイロくらげ?このクラゲをオープンラボのとき水族館で展示したところ、あるカップルにイカの子供と言われてしまいました。言われてみれば・・・。イカちゃんと違って水槽の底をウロウロするだけのおとなしい生物です。ずっと底にいるので水面だったらエアーレーションできると思います。現在水面でエアレーションして飼育していますがなんら問題ありません。エアレーションしているため毎日の海水交換は必要ないですし、飼うなら比較的楽なクラゲです。あと、このクラゲは食用クラゲで食べられるそうです。コラーゲンたっぷりなので、お肌つやつやだとか。餌、ブラインシュリンプ。水温15℃前後。
posted by zono


スナイロクラゲ1 スナイロクラゲ2
スナイロクラゲ3 2004年5月
山形県鶴岡市加茂水族館提供



UP BACK
NEXT